ひまわり会計

最初の最初に知っておくことくこと

個人で事業を始めるのですが、税務面でまずしておくことは?

所轄の税務署に各種届出書等を提出します。

◎「個人事業の開廃業等届出書」

◎「所得税の青色申告承認申請書」

◎「青色事業専従者給与に関する届出書」他

上記の届出書等には提出期限等があります。「所得税の青色申告承認申請書」の提出は任意ですが、承認を受けようとする年の3月15日まで(その年の1月16日以後に開業した場合には、開業の日から2か月以内)に提出しなければなりません。もしも、提出が遅れると、「青色申告特別控除」、「青色事業専従者給与」、「純損失の繰越控除」といった特典が受けられなくなりますので注意が必要です。

これは、アパート経営を開始する場合も同様です。

会社を設立するのですが、税務面でまずしておくことは?

所轄の税務署や都道府県・市町村に各種届出書等を提出します。

◎「法人設立届出書」

◎「青色申告の承認申請書」

◎「給与支払事務所等の開設届出書」他

上記の届出書等には提出期限等があります。「青色申告の承認申請書」の提出は任意ですが、承認を受ける場合は、会社を設立してから3ヶ月以内、または最初の事業年度の末日までに提出しなければなりません。もしも、提出が遅れると、「青色欠損金の繰越控除」などの特典が受けられなくなりますので注意が必要です。

相続が発生しましたのですが、税務面でまずしておくことは?

相続が発生すると、市区町村への死亡届の提出、世帯主変更の届出、健康保険証の返却、年金受給停止の手続き、戸籍謄本の取得など様々な手続きが必要となりますが、遺産分割や税務面で得に知っておかなければならいのが、「3ヶ月」「4ヶ月」「10ヶ月」です。

◎相続の放棄(又は限定承認)をしようとする場合
⇒相続の開始を知った日から「3ヶ月以内」に家庭裁判所に申述

◎所得税の準確定申告(亡くなった年の確定申告)
⇒相続の開始を知った日から「4ヶ月以内」に税務署へ申告

◎相続税の申告
⇒相続の開始を知った日から「10ヶ月以内」に税務署へ申告

これらの期限に間に合わせるためには、専門家への早めの相談をお勧めいたします。

Top